写真のこと。

2017.09.08 update

これまでHPで使っていた写真は、私が帰省した時に神戸で撮ってもらったものだったのですが、この度、その撮影をしてくれたカメラマンさんがはるばる関西から函館に来て下さいました!

特にこういう風に‥という打ち合わせはしていなかったのですが、「こっちの方が雰囲気が合うかなぁ‥」とオールドレンズでたくさん撮って下さり、私もそれがとても気に入ったので、今回はHPを全て、オールドレンズ写真でまとめてみました。

私は、いつも、カメラと写真、楽器と音楽の関係は似ているなぁ‥と思います。

現代のものは、やはり、進化しているし、機能的には非常に優れています。

ただ、その中で失われたものがあり、そこに私が大切にしたいものが多く含まれているように感じています。

楽器で言うと、今は、それほど技術を持たない人が吹いても、ムラなく、一見(一聞?)濃い響きの出るものが多くなりました。
でも、そのことで、音楽が豊かになったようには思えないのです。
むしろ奏者の感性を退化させてしまっているような‥。

けれど、私は、決して今のものを否定したいわけではなく、厳しい環境においてはその進化した道具が非常に役に立つことも理解しています。

ただ、画一的になっている部分があり、もっともっと、道具にも、表現にも、幅広い選択の自由があっていいんじゃないかな、と思っています。

そんな私の思いを、語らずとも引き出してくれたカメラマンさんには、本当に感謝です。

HPのデザインの関係で使う機会のなかった縦写真の中から、お気に入りをいくつか。