中川敬さんライブ

2017.06.29 update

7月4日(火)に想苑さんにて、中川敬さんのライブがあります。とても楽しみにする中で、色々な思いが溢れてきて、ちょっと書いておきたいな、と思ったので、長くなりそうですが、よろしければお付き合い下さい。

私が「満月の夕」という曲に出会ったのは、東日本大震災のあと。たくさんのミュージシャンがこの曲を歌うのを聴いて、作ったのはどんな人だろう、と調べ、阪神大震災の時に生まれた曲だということを知りました。私は、兵庫県の出身で、実家などには被害はなかったけれど、あの揺れを経験したひとりとして、より詳しく知りたくて、ソウルフラワーユニオンの本を買いました。

ロックミュージシャンが、エレキギターを三線に持ち替え、ドラムはチンドン太鼓やチャンゴに、電気が通っていない時は、マイクの代わりにメガホンや拡声器を持って。そして、音楽は、お年寄りの方のために、戦前戦後の流行り歌や民謡を‥。

私は東日本大震災のあと、何も言えず、何もできずにいました。音楽で何かをしたい、なんていうのは、とてもおこがましいことではないかと、ずっと自問自答していました。

そんな中で、ソウルフラワーユニオンの活動を知り、自分の中での答えを見つけることができました。

この映像を見る時、ここにいらっしゃる方々とこの曲が、一緒に歩んで来た道のりを思わずにはいられません。

私は満月の夕の中の、「解き放て、命で笑え」という歌詞にとても共感します。

突然の災害で、家を失った人、大切な人を失った人‥
その悲しみが消えることはないかも知れないけれど、この歌の一瞬でも、それを解き放って、命で笑う、とても力強い歌詞だと思います。

今では、たくさんのミュージシャンがカバーしていますが、私はやっぱり中川さんの歌が好きです。

きっと今度の函館公演でも歌ってくれるはず。生で聴いたら絶対に泣いてしまうと思うので、ハンカチを忘れずに持って行きます!