東京へ。

2017.11.20 update

今月上旬は久しぶりに東京へ行っていました。
そのいちばんの目的はこちら。

大好きな、大尊敬するピアニスト、アレクセイ・リュビモフさんのリサイタルを聴きに。

私がリュビモフさんの大ファンになったのは、こちらのCDがきっかけでした。

復元エラールでのベートーベン。

リュビモフさんの演奏は、この楽器だからこその魅力に溢れながらも、楽器がどう、なんていうことはすっかり忘れさせてくれるくらいに、全てを超越して、音楽が生き生きと表現されているところが大好きです。

私も、こだわりを持って古い楽器を使っていますが、こんな風に音楽ができたら!といつも憧れます。

そんな経緯でファンになったリュビモフさんだったので、私は、楽器も、レパートリーも、どちらかというと古いもののイメージの方が強かったのですが、今回、特に特に素晴らしかったのがシルヴェストロフの作品。

コンサートの開催にあたっては、色々とあったようですが、私は、とにかく、リュビモフさんの演奏するシルヴェストロフを生で聴けたということに感謝でいっぱいです。
(正直言うと、もっと音響のいいホール、良いコンディションのピアノがあれば、という思いはありますが‥)

なにやら、これからも、リュビモフ&シルヴェストロフのコンサートが開催されそうな情報を耳にして‥次回もぜひ聴きに行きたいと思っています。

私は普段は田舎でのんびりしているのが好きなのですが、今回、コンサートを聴いたり、美術展に足を運んだりして、たくさんの素晴らしいアートに触れられる東京いう街に改めて感動しました。やっぱり、時々、行きたいなぁ。

〜番外編〜
とある音楽関係者の方と、下町の酒場で飲んだのもとても楽しかったです!
日本酒を調子よく飲みすぎた私、、(笑)