国家とは‥??

2019.02.20 update

先日、子供たちが小学校から道徳教育に関するアンケートを持って帰ってきました。様々な項目があり、身についているか身についていないか、また、家庭で大事にしていること、学校で大事にして欲しいことを選択し記入するというものでした。

私はその設問のひとつひとつにとても違和感を覚えたので、今の道徳教育ってどうなってるの?と調べてみたところ、昨年の春から道徳は教科化されていて、これから評価も始まるとのこと。今さらながら、これってどうなの??という疑問が沸々とわいてきたので、少し書いてみるとにしました。

私は道徳も大事だと思います。思いやりを持つことや礼儀。郷土愛や愛国心だって、そのものが悪いとは思いません。ただ今回とても引っかかったのが、「人として大切なこと」を子供達に教えようとしているのではなく、国とその教育が決めた「あるべき姿」を、内心の自由にまで踏み込んで教え、評価する、という点。

例えば「きちんと挨拶をしましょう」はいいと思うのです。でも「敬愛しましょう」というのはどうでしょう?私はそんなのは個人の自由だ、と思います。世の中の人みんなを等しく愛せるわけじゃないし、気の合う人、合わない人、いろんな人がいて、でも、人として尊重して、礼儀を尽くす。そういうものだと思うのです。

子供達が持って帰ってきたアンケートには「先生を敬愛する」という項目があり、それが身についているか、いないかを記入しないといけませんでした。郷土や国に関しても。愛することが義務となり、これからはその評価が行われるなんて。

国家があるべき人間像を定め、その教育をする‥。国家とはなんだろう?と果てしない問いの中に迷い込んでしまいました。
(でも、演奏がそうであるように、絶対的な正解はないのだと思います。よりよいものを求めて、それぞれが歩んでいく。今の世の中だって、政治だって、人々の選択の結果なのだから。)

そんな時に私たちにヒントをくれるのはやはり歴史だと思います。特に音楽に関わる人にぜひ読んで欲しいのがこちら。中川右介さんの「国家と音楽家」

音楽家がいかに国家と対峙したか。でも、決して、反権力的な戦いばかりをクローズアップし賞賛しているわけではないところに深みを感じます。

音楽に関わる人たちはきっと様々な「自由」への思いが強く、支配しようとするものへの反発心も大きいと思います。けれど、抵抗を表に出せた人もいれば、出せなかった人もいて。それぞれが、それぞれの、時代、立場で、国家というのもに翻弄されながらも生き抜いていく、そんな姿がたくさん描かれています。

先人たちの足跡を辿りながら、これからの世の中が、社会が、世界が、よりよいものとなっていくにはどうしたらいいか。いつもどこかで考えていたいなと思います。