モイーズモデルのキーについて

2022.08.28 update

運営のお手伝いをさせていただいているマルセル・モイーズ研究室(https://marcel-moyse.amebaownd.com/)に、モイーズモデルのキーについて感じていることなどを書いたところ、とてもたくさんの反響をいただいたのでこちらにも転載いたします!

現代の常識とは全く違う考え方ですが、ジストニアなどで苦労する音楽家も多い中で、モイーズの残してくれたものが何らかのヒントになれば幸いです。
(以下転載)

私は高校生の時に初めてインラインリングキーの楽器を持ち、以来モイーズモデルに出会うまでずっと使用してきました。日本人女性の中では身体も大きい方なのでそれほど苦労したこともなく、リングキーが当たり前だと思っていましたが、モイーズモデルを使うようになってその「当たり前」が大きく覆されることになったので、今日は使い始めから現在までに私が感じたことなどをご紹介させていただけたらと思います!

まずは、見た目のインパクトが大きいこの楽器の顔とも言える左手のキー。これは持った瞬間に「ラクだ!!」と感じました。私は管厚が厚く重めのH足部管フルートをメインに吹いていた時にはサポーターを使ったりしたこともあったので、ずっしりとした手応えがありながらも負担なく安定して持てることに驚きました。(欲を言うと、モイーズが使っていた楽器のように、昔のドイツフルートに見られる左手人差し指の付け根に当たる補助板もあれば完璧だったのでは?と思いますが、その位置が合わないと困るので量産タイプとしてはこれが最適なのでしょう)

意外とすんなり受け入れられた左手に対して、実は右手キーには苦労しました。キーに厚みがあるので、右手薬指と小指の関係性が今までやってきた方法ではうまく行かず、普通のスケールでも指が引っかかる状態に…。足部管の組み立て角度を色々と変えて試してみても手が痛くなるばかり…密かに困っていました。

そんな時、たまたま読んでいたトラヴェルソの教本で興味深い記述に出会い、この問題を解決できることになったのでした!

『18世紀のフルート奏者ミラー(Miller、1799年頃、p.2)は、指の先端から2.5cmのポイントで指孔を押さえることを推奨し、「指の先端で指孔を抑えて華麗に演奏することができる人を知らない」と加えている。』(ジャニス・ドッケンドルフ・ボーラント著「バロック・フルート奏法」小林伸一:訳 中村忠:監修)

私はリングキーのフルートを持つ時には指の先端の肉厚な部分を嵌め込むようにしていて、トラヴェルソも同じように持っていました。昔のピアノ教育で言われたような「手の中に卵を入れる」フォームが基本になっていたのですが、まず指を寝かせ、はみ出すことを恐れない(これ何だかすごく悪いことをしている気がしてしまいませんか?笑)ようにしたら、なんと自由なこと!!

まずはトラヴェルソでこのフォームをやってみて、その感覚でモイーズモデルを持つと!!

ちょうどキーの厚み部分が指の枕のようになってとても気持ちいいー!!

もう快眠できそうな枕!!そしてその枕の上で指は自由によく動く!!

身体は想像以上に連動するので、指先という身体の末端が自由であることが身体全体に与える影響はとても大きいように思います。このフォームはなんだか身体も心ものびのび!

私はリングキーの楽器を使っていた時にはそこに疑問を持ったことはなかったのですが、モイーズモデルのおかげで最近はすっかりカバード推しになりました。以前室長のコラムで、金属製ベームの初期設計はカバードでありモイーズモデルはそこへの回帰ではないかという話がありましたが(https://marcel-moyse.amebaownd.com/posts/18703116)、私も、全ての音孔に対しての条件が揃う方がいわゆる「モダンフルート」として理にかなっているし、モイーズが目指した響きの均質性にも一致して、なおかつ奏者の身体も自然なコンディションを保てるというのはいいことづくめだと感じています。

現代ではプロ奏者の多くがリングキーの楽器を使用しているので、アマチュアの方も憧れを持って選ぶことが多く、そのせいかカバードは入門用のように見られてしまったりもします。長い間その価値を認めてもらえなかったモイーズモデルと同様に、私たちがこうやって語ることでカバードの良さも伝わり、それぞれがもっと自由に選べるようになるといいなと思います。

モイーズモデルと向き合っていると、現代フルートの常識とは全く違う視点が多く、ひとつひとつを検証してみると、それがいかに深く考えられたものであるかということに気付きます。私がこの楽器に興味を持って調べ始めた時には「ゲテモノ」などと言われている記事が出てくるだけで、ここの室長松田さん以外にその価値を語っている人に出会うことはできませんでした。でもこの頃は、室長の地道な活動により、私より若い世代の人たちの中にもモイーズが意図したであろうことを理解して興味を持ってくれる方が増えてきて嬉しいです。

当時から常識にとらわれずに考え抜き、道を切り拓いていったモイーズ。これからもモイーズが残してくれたものをヒントにしながら、よりよく音楽できることを考えていけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします!


noteを始めました!

2022.05.23 update

ふと思い立ってnoteを始めました。

こちらのブログでは、フルートについての考えや調べたことなどをきちんと書いていきたいと思っていますが、noteではもっとラフに、私が日々感じていることなどを書いていく予定です。

頭に浮かんだことをそのままの勢いで書いているので、後で読み返すと恥ずかしいこともありますが、その方が伝わる部分もあるかな、なんて思っています。

今後、こちらではシェアなどはせず日々徒然に増やしていく予定なので、読んでいただける方は、noteアカウントや私の公式line、ツイッターなどをフォローしていただけると嬉しいです。そして、noteはログインなしでもいいね!できますので、ハートマークをポチッと押していただけると励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします^^

ピアノ練習のために幼なじみの家へ突撃していた話。→ https://note.com/sawako_flute/n/nf813ad32b51c

脳内再生される音のこと。→ https://note.com/sawako_flute/n/n9a4d5901b4d5


レッスン業20年!

2022.01.18 update

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!

新学期も始まってホッと一息ついたところで、ふと、今年は私がレッスンのお仕事を始めて20年目だ!と気付きました。

いやいや・・時が流れるのは早いものです。

就職試験で島村楽器を受けた日を昨日のことのように思い出します。

私は教育学部の教員養成課程出身ですが、学校という枠組みの中ではなく、社会の中で広く音楽に関わりたいという思いが在学中にどんどん強くなり、音楽に関係する一般企業への就職を目指していました。

そんな中で最初に受けたのが、島村楽器の講師採用試験だったのです。(合格した後でインストラクター試験が別にあることを知り、変更をお願いしたのですが^^;)


その時の社長の話にとても感銘を受けたので、採用通知をいただいてからは他の企業を考えることはありませんでした。

「楽器を売っているのではなく、音楽の楽しみを売っている。

 だから教える人の力が必要である。

 音が苦になるようなレッスンはしてはいけない。

 自分が受けてきたレッスンの再現をしてはいけない。」

独立して自分の教室でレッスンを行うようになってからも、ずっとこれらの言葉を忘れずにいます。

そして私が最近特に大切にしているのは、おひとりおひとりが持っているものを大切にしながら、のびのびと豊かな音楽体験を重ねて行けること。

レッスンというお仕事に長く携わるほどに、それぞれの得意なことと苦手なこと、好み、性格などの違いを、型にはめてしまうよりも生かした方がhappyだし面白い!と思う気持ちが強くなりました。

函館へ引っ越してきて5年が過ぎましたが、私が大切にしていることや目指しているものを深く理解してくださる方が足を運んでくださるようになり、日々とても楽しくレッスンさせていただいています。

そして、私自身が学びを深めるほどに伝えられるものが増えるということも実感しているので、今年もたくさん勉強していきたいと思います!

フルートを奏でることが、皆さんに豊かなものをもたらしてくれますように。そのお手伝いができましたら幸いです。

体験レッスンやレッスンについてのご相談は無料で受け付けていますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい^^

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

(近年、古楽の勉強にも力を入れています。新年早々どちらの楽器を買おうか悩み中♪)



 




ジョン・レモーネとラドクリフフルート。

2021.12.05 update

ジョン・レモーネ(John Lemmoné)というフルーティストをご存知でしょうか?

1889年(明治22年)、エイミー・シャーウィン英国歌劇団(Amy Sherwin and English Opera Company)の一員として来日。横浜で10回、東京で1回のコンサートが行われたそうで、その際に「ハンガリー田園幻想曲」や「ヴェニスの謝肉祭」が演奏されたという記録があり、おそらくこれが日本初演であろうと言われています。

私がこのレモーネさんに興味を持ったのは『「牧神の化身」とまで讃えられた名手である』との記述を読んだから。

‥レモーネは牧神が人間に生まれ変わったものといえる。

呼吸と指使いの魔術によって、

楽器は目を覚まし、

隠されている場所の秘密の全てを披露してくれる。

‥彼のフルートは、大きな悲しみを持ち、

誰もが持ち得ないような気持ちを伝える微妙で鋭い方法で、

人の心を映し出す。

(Leonardo De Lorenzo著「 My Complete Story of the Flute」 訳は近藤滋郎著「日本フルート物語」より)

その演奏を聴いてみたくて録音を探したところ、復刻CDが発売されていたものの今は手に入らず。YouTubeでSPレコードからアップされたものをいくつか見つけることができました。その中から、レモーネが得意にしていたと言われているブリッチャルディの奇想曲「風」を。なんと1910年の録音です!
(生徒の皆さん!よく解説しているあの左手親指のキーを発明した人の作品ですよ!笑)


私は古い録音が好きで色々と聴いてきましたが、この演奏には大きな衝撃を受けました。
以前ジェフリー・ギルバートの記事で紹介したように、当時イギリスには良いフルート奏者がおらず、レコーディングの度にフランスからモイーズやルネ・ル・ロワが招かれたと聞いていましたが、それよりも前の時代にこんな演奏家もいたのか!と驚きでした。

ちなみに、レモーネは1868年オーストラリア生まれ。22歳でデビューリサイタルを成功させ、1894年にロンドンのエラールホールでリサイタルを開いた後、イギリスを中心に活躍。同郷であることからソプラノのネリー・メルバとの関係も深かったそうです。メルバがピアノを弾いている録音があるとの記述もあったので探してみたら、なんと!


私がお手伝いさせていただいている「マルセル・モイーズ研究室」の松田さんのチャンネルの動画が出てきました!
(今まで気づかずスミマセン・・そしてまたまた貴重な音源をありがとうございます!)

そしてこの動画の中でも使われている復刻CDのジャケット。ちょっと変わったところに見慣れないキーがついていると思いませんか??

レモーネはラドクリフシステムフルートと呼ばれるものを使っていたとか。


ラドクリフフルートは円筒管で全てのトーンホールにキーがついているので、一見ベーム式のようにも見えますが、キーシステムとしてはベーム以前のフルートをベースにしているようです。ただし、ボアや頭部管、音孔の計測値はベーム式と同じように作られているため、聴いた印象はかなりベーム式に近いかと思います。

この楽器はルーダルカルテ社が製造していたということで調べてみるとまたまた興味深いことが!


こちらは1922年のカタログですが、表紙をめくって最初のページにあるのがこのフルートたち!

「モダンフルート」と書いてあるけれど、今の私たちが言うモダンフルートとはちょっと違うようで。

上から1本目はなんと、カバードキーがついているけれど、8keyの運指で吹けるフルート!?

(いやぁ・・私、初めて知りました・・ちょっと吹いてみたい・・)

そして、レモーネが使っていたラドクリフフルートの銀管に、GUARD’S MODELというのも似た楽器のようですが、この3本は下に行くにつれて、ベーム式の取り入れ度が上がっているようです(そしてページをめくるとようやくベーム式が登場します)。

このカタログから読み取れるのは、どうやら運指の面でベーム式に抵抗のある人がイギリスにはたくさんいたのであろうということ。アマチュア奏者が多かったことも理由のひとつかもしれませんが、一方フランスでは、Tulouのようにベーム式に反対した人たちは、失われる美にこだわっていたように感じます。

何はともあれ、前回記事にしたCouesnon社に続き、Rudall Carte社でもベーム式ではない楽器がこんなにも長く販売されていたのはとても興味深く(上述の3タイプのフルートは1931年のカタログでも確認できました!)、またその楽器を駆使した演奏を聴くことができるというのも大変貴重なのでご紹介させていただきました。それではまた!

(カタログ参照元http://www.oldflutes.com/catalogs/RC/thumbnails.html)


Couesnonのクラシカルピッコロ。

2021.10.08 update

私は古い楽器が大好きですが、「楽器は奏でてこそ」というのがモットーで、収集することにはあまり興味がなく・・

出番のない楽器はどなたかに使ってもらえた方が幸せだと手放すことがほとんどなのですが・・

めずらしく、使用機会のなさそうな楽器を購入しました!!(笑)
(もちろんひっそりと練習はします!!)


タイトルにある通り、Couesnonのクラシカルピッコロです!

じゃじゃん!

だいぶ薄くなってはいますが、素敵な刻印も読み取れます。

この楽器をオークションで見つけた時、「わぁ!こういう楽器Couesnonのカタログで見たことある!」と大興奮。

そのカタログがこちら。

このカタログは1912年のものなのですが、この時期にクラシカルも販売されていたということがとても印象的で記憶に残っていたのです。ちなみに、このカタログのフルートのページには、フランスでよく使われた5keyに、Tulouモデル、円錐木管なども!


時代はすっかり銀のベーム式になっているかと思いきや、Tulouが、また古くはDevienneがそうであったように、新しい楽器が発明されても「いやいや、昔のがいいんだよ!」なんて言いながら使っていた人がいたんだろうなぁと想像すると、とても親近感を覚えます。

こういったベーム式以前の楽器はいつ頃まで販売されていたのだろう?と気になり辿ってみたところ、

こちらが1928年↓

そして1934年にも’Historique’として掲載されていたことが確認できました!(そのあとはCouesnonのカタログそのものが見つからなかったので、もし情報をご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい!)

(1932年と1934年のカタログはこちらからお借りしました。http://jeanluc.matte.free.fr/cat/catmenu.htm

そして1934年のカタログには、私がメインで使っているフルート、Couesnon Monopole Conservatoiresも発見!
この楽器に関しては、モイーズ研究室の方に記事を書かせていただきましたので、ぜひこちらもご覧ください^^

マルセル・モイーズ研究室Blog
「Couesnonのカタログを辿ってみました。」

https://marcel-moyse.amebaownd.com/posts/21916116