トラベルソのこと。

2018.03.04 update

私が古楽と出会ったのは大学4年生の時。
卒業演奏では真っ赤なドレスでカルメンファンタジーをやりたい!なんて若気の至りなことを考えていたのですが(笑)、師匠に話すと、モーツァルトのG-Durのコンチェルトをやることを勧められたのでした。(当時はその意味を理解していなかったけれど、本当にありがたいことだと今は思います。)

そうしてモーツァルトを練習する中で、どうもしっくりいかない感覚があり、その問題を解決するヒントを探していろいろな録音を聴きました。その時に、これだ!!と思えたのがリーザ・ベズノシウクさん&エンシェント室内管弦楽団の演奏だったのです。

その後、自分でもやってみたくなり、古楽セミナーに行ったり、レッスンを受けたりしたのですが、モダンフルートとの吹き分けに悩み封印、、。そして、その古楽セミナーでルイロット吹きの方と出会ったのをきっかけに、フランスのオールドの世界へハマって行ったのでした。

ですが、先日、バロックオーボエを持って遊びに来てくださった方がいて、久しぶりにトラベルソを出してきて合わせてみたら、運指や吹き方を思い出すのに苦労しながらも、やはり、その響きが本当に幸せでした!
(バロックオーボエとバロックファゴットとトラベルソ。もっとカッコいい集合写真が撮れたらよかったなぁ、、笑)

そして、自分でも少し驚いたのが、以前は、もっと、モダンフルートとトラベルソの吹き分けに苦労したのですが、前よりもスムーズに行ったり来たりできるようになっていたこと。そして、それぞれに相乗効果があるように感じたこと。それはここ数年、フランスの洋銀オールドフルートを吹いてきたことと、今使っている楽器の特性が関係しているように思います。

(写真は夏に撮ってもらった、愛用のCouesnon Model-Monopole と私。)

そんなわけで、しばらく封印していたトラベルソをまた練習し始めました。ピリオド楽器をお持ちの方は、ぜひ遊びに来てくださいねー!


京都にて。

2018.02.27 update

先日、京都で撮影してもらった時に着たのは、私がまだ幼い頃に母が買ってくれていた反物を仕立てた着物。実は、ずーっと着る機会がなかったのです。私にとっては普段着にするのはもったいなくて、でも、小紋だから改まった場所には向かなくて、、。それで長い間しまってあったのですが、もうそろそろこんなピンクの着物は着れなくなる年齢では!?と気づき、今着なければー!と今回の撮影に引っ張り出してきたのでした(笑)


このピンクの花びら模様の着物を眺めていると、ふと、普段は忘れていたことを思い出しました。

私の名前は、春をつかさどる女神、佐保姫さまから一字いただいたもの。父が寝ずに考えて、晩秋生まれの私につけてくれたこの名前、大好きです。名前に託されているものって、人生のキーワードというか‥とても大切なものなんじゃないかな、とこの着物を着て感じました。

私は、何年も病気と付き合う中で、春の訪れない冬がずっと続いているような気持ちになったりしていました。今でも時々、、。だからこそ、春の明るさや、あたたかさや、、そんなものをお届けできる活動をやっていけるといいなと思っています。まだあまり無理ができない身体なので、本当に少しずつですが。

京都では、祖母のお墓参りもして、そんな思いも伝えてきました。

祖父の出身地でもあり、大好きな京都。
今回も、自分のルーツや原点を感じながら、たくさんのインスピレーションをもらった良い旅でした!


新しい年。

2018.01.22 update

少し遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
実は、昨年は、予定していたコンサートやせっかくのお誘いを健康上の理由からお断りせざるを得ないことが何度もあり、心苦しい一年でもありました。ご迷惑をおかけした方々、本当に申し訳ありませんでした。

でも、その時期に、いろいろなところからあたたかい心を向けて下さった方がいて、そのおかげでまた立ち上がることができ、本当にありがたく、感謝でいっぱいです。

さて、2018年の幕開けは、父方のルーツでもある京都へ。
Edo-mae RecordingsのShikamaさんに写真を撮っていただきました。

今年はCD制作に取りかかれるといいな、、と思っています。(ジャケ写はこんな感じかしら??)

長旅をしても体調を崩すことなく、元気に過ごしていますので、昨年行くことのできなかった道東でのコンサートも、今年はぜひ行きたいと思っています。

たくさんの方とお会いできること、楽しみにしています!
みなさんにとって、良い一年となりますように。


東京へ。

2017.11.20 update

今月上旬は久しぶりに東京へ行っていました。
そのいちばんの目的はこちら。

大好きな、大尊敬するピアニスト、アレクセイ・リュビモフさんのリサイタルを聴きに。

私がリュビモフさんの大ファンになったのは、こちらのCDがきっかけでした。

復元エラールでのベートーベン。

リュビモフさんの演奏は、この楽器だからこその魅力に溢れながらも、楽器がどう、なんていうことはすっかり忘れさせてくれるくらいに、全てを超越して、音楽が生き生きと表現されているところが大好きです。

私も、こだわりを持って古い楽器を使っていますが、こんな風に音楽ができたら!といつも憧れます。

そんな経緯でファンになったリュビモフさんだったので、私は、楽器も、レパートリーも、どちらかというと古いもののイメージの方が強かったのですが、今回、特に特に素晴らしかったのがシルヴェストロフの作品。

コンサートの開催にあたっては、色々とあったようですが、私は、とにかく、リュビモフさんの演奏するシルヴェストロフを生で聴けたということに感謝でいっぱいです。
(正直言うと、もっと音響のいいホール、良いコンディションのピアノがあれば、という思いはありますが‥)

なにやら、これからも、リュビモフ&シルヴェストロフのコンサートが開催されそうな情報を耳にして‥次回もぜひ聴きに行きたいと思っています。

私は普段は田舎でのんびりしているのが好きなのですが、今回、コンサートを聴いたり、美術展に足を運んだりして、たくさんの素晴らしいアートに触れられる東京いう街に改めて感動しました。やっぱり、時々、行きたいなぁ。

〜番外編〜
とある音楽関係者の方と、下町の酒場で飲んだのもとても楽しかったです!
日本酒を調子よく飲みすぎた私、、(笑)


ベリーダンスショー終了!

2017.11.16 update

すっかり報告が遅くなってしまいましたが‥
ベリーダンス2公演、無事終了致しました〜!
お越し下さった方、色々と協力して下さった方、そして素敵な共演者の皆さん、どうもありがとうございました♡

3年程前に道東で共演させていただいたアイラさんとのご縁が、ナオミさんのおかげでこんな風に函館へ繋がったのが本当に嬉しく、また、小田桐さんのカリンバやミルトーン、タラブッカによって、さらにその世界が広がり、深まり‥感激でした!

それだけではなく、私がこの街で出会って大好きな鍵盤奏者の相馬さんにもサロンエラールの公演ではゲスト出演いただき、ご自身もピアノを弾かれピアノを愛するアイラさんとのコラボレーションがまたとても素敵でした。

私は、自分が演奏しない間、写真を撮ろうとカメラを構えたのですが、わずかなシャッター音すら邪魔になる世界が広がっていて、ほとんど、シャッターを切ることができませんでした。

とてもとても美しい舞の瞬間をご覧いただけないのが残念なのですが‥次回の構想も膨らんでいますので、その際に是非足を運んでいただければと思います^^

というわけで、集合写真のみですが。
1公演目「月に寄せる詩」。

2公演目「女神たちの語らい」。

みなさま、本当にありがとうございました!