ジェフリー・ギルバートの著書からフランス式発音を考える

2019.06.13 update

 ここで何度も書いてきたような気がしますが、私は最初に基礎を習ったのがドイツ帰りの先生だった影響か、口腔はできるだけ広く、舌は垂直に立つくらいの位置で、しっかり子音を入れる、という奏法をベースにしていました。

 けれど、フランスのオールドフルートに魅せられ演奏する中で、それではしっくりいかない感覚があり、ずっと、ひっそりと研究を続けてきました。

 今日はとーっても長く、マニアックになりそうですが、よろしければお付き合い下さいっ!

 私が、ルネ・ル・ロワに興味を持ち、その古い教本を手に入れたことは以前にも書きました。
〜ルネ・ル・ロワのこと〜
http://sawako-flute.com/flute/655/
〜ルネ・ル・ロワの教本から〜
http://sawako-flute.com/blog/668/
 このル・ロワさんの教本は本当に素晴らしく、今なお、管楽器を演奏する上で多く存在する誤解、自然な奏法を妨げるような認識の問題を、非常に論理的な方法で解決してくれるものでした。レッスンの中で紹介したら生徒さんにもわかりやすかったようで、良い変化が起こる方が多かったです。こちらでももっと掘り下げて紹介したいと思いながらも、なかなかできずにいましたが、またこれから少しずつやっていけるといいなと思います。

 さて、そんな素晴らしい教本を書かれたル・ロワさん。そう言えば、お弟子さんはどんな方がいらっしゃるのかしら、、と気になって調べたら、ジェフリー・ギルバートさんの名前を発見!!なんと!!

 私がフルートを始めて、右も左もわからなかった頃、ふるさと姫路の図書館に、「フルート奏法 成功への鍵―ジェフリー・ギルバートのレッスン・システム 」という本があったのです。当時その内容についてはまだ深く理解できなかった私。でも何か大事なことが書いてあるような気がしてコピーを取り、アンブシュア、呼吸法など、実際の奏法に関係するところをパラパラと読んだりしていたのですが、改めて開いてみると‥

 当時のイギリスの奏法ではダメだと思い、ル・ロワさんに学ぶことにした、と!!とても興味深いお話なので、少し長いですが引用します。

<フレンチ・メソードの採用>
 ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団で首席奏者をつとめていた頃、ギルバートは、フルート奏法の伝統的なイギリス流メソードに真剣に疑問を持ち始めていた。レコーディングや、いくつかの重要な演奏会で自分や他のイギリス人奏者が使われないのはなぜかを問うた後、彼は、イギリス人フルーティストに偏見があることに気づいたのである。なぜ、レコード会社やBBCは、レコーディングや放送のために、ルネ・ル・ロワやアンドレ・ジョネやマルセル・モイーズのようなアーティストを外国から呼ぶのか?モイーズやル・ロワのコンサートやレコーディングを聴いた後には、消えることのない印象が残った。ギルバートは自分の演奏にますます懐疑的になった。どのようにしてこれらのフルーティストは、音の中にこんな温かみや表情を生み出すことができるのだろうか?オーケストラでユージン・グーセンスと一緒に仕事をして、ギルバートは、彼が次にロンドンに来たら、このことを話し合おうと決心したのだった。ギルバートはその時の会話を思い出してくれた。
 「彼は開口一番こう言った。『あなたはとてもよいプレイヤーだが、もし国際的な奏者として認められたければ、あなたは自分の演奏スタイルを変える必要がある。つまり、楽器を替え、他の皆がしているような奏法を学ばなければならない』」
 グーセンスからムッシュー・ル・ロワ(1889-1985)への紹介状を手に入れた後、ル・ロワが次にロンドンを訪れた時に、ギルバートのレッスンが準備された。このレッスンは、ル・ロワが滞在していたロンドンのセント・ジョーンズ・ウッドにあるグローヴ館という見事な邸宅で行なわれた。ギルバートが、彼の「パーティ・ピース」と呼ぶ、イベールのコンチェルトの数小節を吹くと、ル・ロワはすぐさま問題点を診断したのである。
 「『あなたはアンブシュアとアーティキュレーションを変えなくてはならない。正しいヴィブラートのかけ方を学ばなければならないし、新しい楽器を買う必要もある』」彼はまた最後にこうも言った。私が奏法を変えるのはとても難しく、また苦痛を伴うことだろう、特に、私がその間生活費を稼がなければならないとすればなおさらである。また、その過程にはとても長い時間がかかるだろう、と」。
 重大な決心をしたギルバートは、すぐにビーチャムに会いに行った。「彼はとても好意的で、グーセンスと同じ意見だった。そして、もし私がそれが正しいことと思うなら、私に必要な励まし(援助)はなんでも与える、と言ってくれた」。
(アンジェリータ・スティーヴンズ フロイド著 フルート奏法 成功への鍵―ジェフリー・ギルバートのレッスン・システム 第1章ジェフリー・ギルバートの生涯より)

 このあとギルバート氏は、ルイ・ロットの銀製フルートを買い、自身の奏法をフランス式に変えていきます。その中で「この変革をなすのには約3年かかった」という記述があり、私はとても励まされました。ギルバートさんでも3年かかったんだから、私も地道にがんばろう!と。

 そして、この本の中では随所に、当時のイギリスとフランスの奏法の具体的な違いが出てくるのですが、私にとってそれはとても貴重な資料となりました。

 私は、管楽器の発音はそれぞれが使っている言語の影響が大きいと常々感じています。けれど、例えば、フランス語を話す人にとって、フランス語的な発音をすることは日常の延長であり、特に意識しなくてもできること。だから、どうするとフランス的な発音ができるか、他の言語話者にもわかるような説明をしてくれるものがなかなか生まれなかったのではないかと思うのです。もうこれはフランス語を話せるようになるしかない!と考えていた矢先にこの本に再び出会うことができ、本当に助かりました(でもフランス語は勉強しなければ!)。

 さて、私がかいつまんで説明をして誤解が生じたら申し訳ないので、こちらも長いですが引用させていただきます。

<ギルバートのタンギング方法>
 1930年代の終わり頃から1940年代の初めにかけて、フランス流奏法に変える以前のジェフリー・ギルバートの最初のタンギングの仕方は、歯の後ろに舌をあてるという、今日ほとんどのフルーティスト、特にアメリカ人フルーティストが行なっている方法であった。タンギングの方法は、(アンブシュアの裏での)前方でのタンギングであれ、歯の後ろでのタンギングであれ、口蓋でのタンギングであれ、本人にとってそれがうまく機能しているのであれば変える必要はない、とギルバートは、レッスンでもマスタークラスでも述べている。しかし、もしもタンギングに問題があるならば、各人にとって最も良く機能するやり方を見つけるために、タンギングの仕方を変えてみてもよいかもしれない。
  「歯と歯の間を通って、下唇に触れながらアンブシュアの裏でタンギングしなさい」(MCT-85)

 1940年代以後のギルバートのタンギングは、歯と歯の間を通ってアンブシュアの裏に舌を当ててなされる、前よりのタンギングである。これは、舌を歯の後ろにあてるよう教えられているほとんどのアメリカ人フルーティストのタンギングとは対照的である。
 フランス流の前よりのタンギングのやり方を採用して以来、ギルバートは舌を前に出す“T”の音節を使う方法に、多くの利点をを見出した。(1)フランス語の“T”を使うと、舌先を用いて、より明瞭ではっきりした音を出すことができる。(2)フランス語風に“Tu”の発音をする-すなわち“Tooough”という-ことで、のどを自動的に開けることができる。(3)アンブシュアに近いところでタンギングすれば、舌はより正確かつ精巧に動くことができる。ギルバートは、前よりの“T”のタンギング方法をすべてのタイプのタンギング、つまりシングル、ダブル、トリプルのタンギングに使っている、と述べている。
(アンジェリータ・スティーヴンズ フロイド著 フルート奏法 成功への鍵―ジェフリー・ギルバートのレッスン・システム 第8章アーティキュレーションより)

 私はモイーズの奏法と楽器を研究して、フランス人の舌は前の方にあり、柔軟なアンブシュアと一体となって発音しているのであろうこと、私が最初に習ったような口蓋を使う方法は行わないであろうことは感じていたのですが、推測の域を超えられずにいたので、この説明によってようやく確信を持つことができました。

 ただ、ギルバート氏の言葉にあるように、「本人にとってそれがうまく機能しているのであれば変える必要はない」のだと私も思います。私は、フランスのオールドフルートを演奏する中で、どうしてもうまく行かない感覚がありここに辿り着きました。だから全ての人にこの方法をおすすめするつもりはありません。でも、以前の私のように、口蓋を使う方法では無理がかかり喉に力が入ってしまったりするなど、現代のフルートを吹く中でうまくいっていないことを抱える人にも、こんな発音法もあるということが何かしらのヒントになればいいなと思います。

 さてさて、そんなこんなで、フランス式の発音への理解を深めることができた素晴らしいタイミングで私の元にやってきたのが、T・ロット(復元)のトラヴェルソ。この発音が大いに役に立つこととなります。次回はそのことを書きたいと思います!



ピアニストさんの書いた本。

2019.01.27 update

 エレーヌ・グリモーさん。昔ちらちらと聴いた時には、私には刺さりすぎるような肌感覚があって、実は少し苦手でした。芸術家として、そういう痛みを感じるようなものも伝えられるというのは素晴らしい資質だと思うのですが、あまり好んで聴くことはありませんでした。

 でもその印象が少し変わったのがこのアルバム。

 大好きなピアニスト、リュビモフさんのコンサートに行って聴いたシルベストロフ。グリモーさんの演奏もいいなぁ‥と、今のグリモーさんに興味を持ち始めた時に、新しい本が出版されていたのを知ったのでした。

 私は、自伝的なものかと思って購入したのですが、現実と夢の間を交差しているような物語が繰り広げられ、最初は少し戸惑ったものの、まるで村上春樹の世界のようでどんどんと引き込まれていきました。

 その中で、彼女が今考えていることを(と言っても日本語訳が出版されたのが昨年で、フランスでの出版は2005年だそう)、彼女に、登場人物に、語らせるのですが、その内容がとても素敵でした。

 音楽とは?芸術とは?生きるとは?

 深い深い問いの答えを見るけるための手がかりとなる、あたたかい光をくれる本ではないかと思います。

 少しネタバレになってしまいますが、キーパーソンとなるのが、バルビゼに似た「先生」。

 私は「あーっ!!!繋がった!!!」と叫びたい気持ちに!!

 この本も大好きなんです。青柳いづみこさんの「ピアニストが見たピアニスト」。

 リヒテル、ミケランジェリ、アルゲリッチ、フランソワ、バルビゼ、ハイドシェック。ピアニストだからこそできる分析と眼差し、そして青柳さんならではの文筆力で、それぞれの、ピアニストとしての孤独な戦いを私たちに教えてくれます。

 そして、この本の中で、青柳さんの師でもあるバルビゼは、「パリ音楽院を出てから大学で文学を専攻した」とあるのです。なるほど!グリモーさんの本に出てくる「先生」はまさに‥。

 音楽と文学の間を行き来する本を、二人のお弟子さんが書いているということ。これは先生からの影響なのか、ご本人の資質なのか。もちろんそのどちらも、かも知れないけれど‥。とても素敵なことだと思います。

 それにしても、お二人の著作を読めば読むほど、バルビゼさんという方は素晴らしい音楽家であり、教育者であったことが伝わってきます。

 この青柳さんの本の中に記述がありますが、バルビゼはランパルとマルセイユで同級生だったそう。プーランクのソナタの録音などもあり、探してみたらYouTubeでもお二人の演奏を見ることができました。

 私は瀬戸内生まれのせいか、マルセイユの音楽家にはとても親近感を覚えます。きっと瀬戸内と同じで、日差しも明るく、あたたかく、開放的なんだろうなぁ、なんて思いながら。

 一方で、私は、グールドが北に憧れたような思いを持って北海道へ来たわけですが、そういう音楽、音世界、についてはまた別の機会にでも!


釧路へ行ってきました!

2018.11.27 update

 以前釧路でレッスンをしていた時に、「ソノリテに書いてある、舌を外に出すタンギングをやってみたんですが、これってどうなんでしょうか?」と質問をしてくれた方がいらっしゃいました。

 レッスンでは低音の柔軟性に入る前の部分までしか取り上げていないのに、そんな質問をしてくれた方は初めてで、とても嬉しかったので印象に残っていました。

 ただ、当時の私にとって、モイーズは今よりも遠い存在だったので、「モイーズはそうしていたらしいですが、今は使わないと思います」というような答えをしたと思います。

 モイーズモデルという楽器を持って、いろいろ検証する中で、なるほどー!と思うことがたくさんあって、今ならもっと多角的に解説できるのになぁ、、と思っていたのですが、それをする機会をいただけて本当にうれしかったです。(釧路でのレッスン会場からの景色。遠くに見える阿寒の山々が懐かしい!)


 吉田雅夫さんの「フルートと私」という本にこんなエピソードがあります。吉田さんがヨーロッパでジョネ先生のレッスンを受けて、その15年後に先生が来日された時に、「お前に間違ってレッスンしたから、この場で訂正する」とバッハの解釈を訂正されたそうです。

 自分を重ねるのは本当に恐縮ですが、私も、長年研究する中で、今ならこう言うのに!と思うことが多々あります。これはあの方に役に立ちそう!と昔教えていた生徒さんの顔が浮かぶことも。

 私は、引越しによって遠く離れてしまった方がたくさんいるので、ここで少しずつ、そんな情報を発信して行けるといいなと思っています。元生徒さんは質問や悩み相談のメールも遠慮なく下さいね^^


また釧路へ行きます!

2018.09.20 update

11月にまた釧路へ行けることになりました♡
6月に続き、今年2回目。とっても嬉しいです。

前回はコンサートだったので、リハ、打ち上げ、とプライベートな時間はあまりなかったのですが、今回はのんびり2泊の予定。ご希望の方がいらっしゃいましたら、レッスンなども可能ですので、遠慮なく声をかけて下さい^^

離れてみてわかるよさというのがとてもたくさんあって、この頃、道東での日々をよく思い出しています。人々の飾らないあたたかさ、自然の大きさ。美味しいもの、素敵なお店。

あの人に会いたい!あそこに行きたい!
たくさんの人と場所が思い浮かんできます。

せっかくなので、私の大好きな場所のひとつをご紹介。片無去にある夢風舎。

https://city.hokkai.or.jp/~ohyagi/index.html

北海道の自然と向き合う大八木さんの写真と、建築家柏木茂さん設計の建物のコラボレーションが本当に素晴らしくて。この自然に溶け込んだ空間の中で、自分自身もその大きなものに包まれたような気持ちになっておだやかに過ごすひとときは、とても幸せです。

この夢風舎の前で、大八木茂さんに撮っていただいた写真がこちら。


撮影している間、パラパラと音を出していたのですが、この遠くに見える牛たちが、私たちに興味を示してしまったのか、ずんずん迫ってきて、最後は私たちの方が逃げたのがいい思い出です(笑)それにしても、写真を見るだけで佐野さんの弾くアイリッシュハープの音が蘇ってきて、懐かしくなります。10年一緒に活動させていただいて、本当に楽しかったです。

素敵な場所に、人に。たくさん再会できるのを楽しみにしています!


ルネ・ル・ロワの教本から〜その1

2018.09.13 update

前回ちらっとご紹介した、ルネ・ル・ロワの教本。序文でクヴァンツの言葉が引用され、歴史、音響学と続きます。
こちらは音響学の章。

もう全部ご紹介したいくらいなのですが、要約すると、口腔は複雑な共鳴器であり、だからこそ絶えずその調節が必要である、ということ。そのためには、不自然な、過度な緊張があってはならないということ。そして以下の文章に続きます。

「口腔、歌口、および管との完全な調和は音の発生の最適条件を決定する。音の豊かさを保証するのは空気を吹き込む力ではなく、この完全な釣合にある。」

「口腔」と言うと、私たちはレッスンの中で「口の中を広く」という言葉をよく耳にしてきたと思います。けれど、最近、私は、広くしようとすることで起こる弊害もあることを認識しています。日常では使用しないような口の中のコンディションを無理に作ろうとすることによってかえって力んでしまう、そんな経験が私にもあります。

共鳴器だからより大きい方がよい、と言うのではなく、複雑な共鳴器だからこそ、柔軟に調整する、ということ。調和が大事ということ。とても共感します。そして、息の力ではない(正しい呼吸法と完全な息の保持が必要とは述べられています)、ということも。

以前にもどこかで書いたことがあるかもしれませんが、私は最初に基礎を習ったのがドイツで学ばれた先生だったので、口腔の使い方と発音に関しては、ドイツとフランスでも随分と違いがあるなぁ、と日々感じています。何が正解かではなく、何を求めているか。私は古き良きフランスの響きが好きなので、しばらくこのルロワさんの教本を掘り下げながら私自身もヒントをもらえればと思っています^^

よろしければまたお付き合いください!