お問い合わせについて。

2018.04.15 update

新学期も始まり、レッスンについて、お問い合わせをいただくことも増えてきました。その中で、私がお返事をしたのに届いていなかったということが発覚!!
今回は、再度お問い合わせをしてくださったことでわかったのですが、もしかしたらこれまでもそういうことがあったのかも知れません、、ガーン、、。

お問い合わせに私が返信をしても、その後全く連絡がない方がいらっしゃったりして、そういう時代なのかしら、と寂しく思っていたのですが、違った可能性が、、。そして、お返事が届かなかった方も、きっと残念に思われたことでしょう、、。申し訳ありませんでした。

私は、お問い合わせに返事をしないということは絶対にありませんので、そのようなことがありましたら、お手数ですが、返事が届きません!と再度ご連絡いただければ助かります。

みなさまが素敵な春を始められますように。
(春らしい衣装を着てみたのでパシャ。)


トラベルソのこと。

2018.03.04 update

私が古楽と出会ったのは大学4年生の時。
卒業演奏では真っ赤なドレスでカルメンファンタジーをやりたい!なんて若気の至りなことを考えていたのですが(笑)、師匠に話すと、モーツァルトのG-Durのコンチェルトをやることを勧められたのでした。(当時はその意味を理解していなかったけれど、本当にありがたいことだと今は思います。)

そうしてモーツァルトを練習する中で、どうもしっくりいかない感覚があり、その問題を解決するヒントを探していろいろな録音を聴きました。その時に、これだ!!と思えたのがリーザ・ベズノシウクさん&エンシェント室内管弦楽団の演奏だったのです。

その後、自分でもやってみたくなり、古楽セミナーに行ったり、レッスンを受けたりしたのですが、モダンフルートとの吹き分けに悩み封印、、。そして、その古楽セミナーでルイロット吹きの方と出会ったのをきっかけに、フランスのオールドの世界へハマって行ったのでした。

ですが、先日、バロックオーボエを持って遊びに来てくださった方がいて、久しぶりにトラベルソを出してきて合わせてみたら、運指や吹き方を思い出すのに苦労しながらも、やはり、その響きが本当に幸せでした!
(バロックオーボエとバロックファゴットとトラベルソ。もっとカッコいい集合写真が撮れたらよかったなぁ、、笑)

そして、自分でも少し驚いたのが、以前は、もっと、モダンフルートとトラベルソの吹き分けに苦労したのですが、前よりもスムーズに行ったり来たりできるようになっていたこと。そして、それぞれに相乗効果があるように感じたこと。それはここ数年、フランスの洋銀オールドフルートを吹いてきたことと、今使っている楽器の特性が関係しているように思います。

(写真は夏に撮ってもらった、愛用のCouesnon Model-Monopole と私。)

そんなわけで、しばらく封印していたトラベルソをまた練習し始めました。ピリオド楽器をお持ちの方は、ぜひ遊びに来てくださいねー!


東京へ。

2017.11.20 update

今月上旬は久しぶりに東京へ行っていました。
そのいちばんの目的はこちら。

大好きな、大尊敬するピアニスト、アレクセイ・リュビモフさんのリサイタルを聴きに。

私がリュビモフさんの大ファンになったのは、こちらのCDがきっかけでした。

復元エラールでのベートーベン。

リュビモフさんの演奏は、この楽器だからこその魅力に溢れながらも、楽器がどう、なんていうことはすっかり忘れさせてくれるくらいに、全てを超越して、音楽が生き生きと表現されているところが大好きです。

私も、こだわりを持って古い楽器を使っていますが、こんな風に音楽ができたら!といつも憧れます。

そんな経緯でファンになったリュビモフさんだったので、私は、楽器も、レパートリーも、どちらかというと古いもののイメージの方が強かったのですが、今回、特に特に素晴らしかったのがシルヴェストロフの作品。

コンサートの開催にあたっては、色々とあったようですが、私は、とにかく、リュビモフさんの演奏するシルヴェストロフを生で聴けたということに感謝でいっぱいです。
(正直言うと、もっと音響のいいホール、良いコンディションのピアノがあれば、という思いはありますが‥)

なにやら、これからも、リュビモフ&シルヴェストロフのコンサートが開催されそうな情報を耳にして‥次回もぜひ聴きに行きたいと思っています。

私は普段は田舎でのんびりしているのが好きなのですが、今回、コンサートを聴いたり、美術展に足を運んだりして、たくさんの素晴らしいアートに触れられる東京いう街に改めて感動しました。やっぱり、時々、行きたいなぁ。


打ち合わせの旅。

2017.04.01 update

毎年恒例の、釧路でのコンサートの日程が、今年は6月8日(木)に決定しました!
共演の大友さんは全国を忙しく飛び回っていらっしゃるので、なかなかお会いする事ができないのですが‥この度、札幌にいらっしゃるというので打ち合わせに行ってきました!

ですが、わが家のこどもたちは春休み中‥。のんびりしている暇はなく‥。贅沢にも、行きは飛行機で、日帰り決行!!

基本的に旅好きの私は、飛行機に乗るとテンションが上がります。
到着後は、大丸のINODA COFFEEで休憩。

そして、打ち合わせ&リハーサルをさせていただいたのですが、盛りだくさんで写真を撮っている暇がありませんでした‥スミマセン(笑)当日のお楽しみということで〜!内容については、去年が南半球の音楽が多めだったので、今年は北の旅。北国に憧れて、北海道にやってきた私にとっては、とても、好きな国、地域が多く、マニアックな選曲もたくさんしてしまいましたが、ともに北の旅を楽しんでいただけましたらうれしいです!ほかに、武満徹のSONGSから数曲。こちらも大のお気に入りです。

さてさて、行きは飛行機で40分でしたが、帰りは5時間半のバスの旅‥(実は振り子特急は酔うので苦手なのです)
道中長いので、お弁当は奮発してみました。

旅と言えばお弁当♡でも、バスで開けるの、恥ずかしいかな??と思っていたら、お隣の若い女の子も、私と同じくらい豪華なお弁当を広げてくれたのでよかったです(笑)

プチ旅行記になってしまいましたが、釧路のみなさん、今年もお会いできるのを楽しみにしています!
(現在、日程調整中なので、レッスンをご希望の方がいらっしゃいましたら、お早めにご相談下さい!)


釧路へ行きます!

2016.07.27 update

もう10年以上、毎年演奏させていただいていた、どんぐりの家保育園さん主催のコンサート。
私が釧路を離れても、続けていただけるのは本当にうれしいです。

去年の世界一周音楽紀行に共感いただいて、今年はvol.2として開催することになりました。
13652567_10209001870551701_2024960693_n 13672582_10209001870591702_1647555291_n

世界一周音楽紀行は、様々な国、民族の、魅力に触れること、また、歴史などを知ることが、平和につながりますように、という願いを込め行っています。

今年も、たくさんの方と、世界一周できるのを楽しみにしています^^

なお、保育園さんの主催ですが、大人向けのコンサートになっています。
お子さん向けには、大友さんが、保育園で2公演行いますが、今年はコープさっぽろのえほんがトドック主催のこんなコンサートもあります。釧路公演、帯広公演、残席わずかのようなので、よろしければこちらもぜひ^^
http://www.coop-sapporo.or.jp/ehon/live.php