ベリーダンスショー。

2017.09.16 update

東京を中心に活躍していらっしゃるベリーダンサーのAylaさんと、その生徒さんで函館出身のNaomiさんが来月お越しくださることになりました!私もフルートでベリーダンスショーにご一緒させていただきます^^まずはこちらを〜



私は、ベリーダンスにはセクシーな踊りというイメージを持っていたのですが、数年前にAylaさんと共演させていただいて、それだけではない奥深さを知り、すっかりファンになりました。

その歴史は定かではありませんが、一説には、女神信仰や、出産祈願、豊穣祈願のために踊られてきたとも言われています。ハーレムの妖艶な踊りというイメージを持たれる方も多いかも知れませんが、実は、巫女的な存在であり、女性が女性のために踊ってきた、という歴史があったようです。

その神秘性や女神性にすっかり魅了されている私は、今回のステージは女性の方にたくさん見てもらえたら嬉しいな、と思っています(もちろん男性のお客様も大歓迎です!)。

そして、音楽は、とても素敵な、そして幅広い活動をしていらっしゃっるパーカッションの小田桐さんとご一緒させていただきます!

ルネサンスの舞曲から、アラビア的な即興、小田桐さんのカリンバやミルトーンなど、多彩な音楽とベリーダンスの融合、ワクワクしながら準備中です。たくさんの方にお越しいただけましたら嬉しいです!どうぞよろしくお願い致します^^


管楽器の発音と言語のこと。

2017.08.11 update

私がフランスのオールドフルートを使うようになってからずっと気になっていたこと。それは、フランスの楽器と相性のいい発音はどういうものか、ということ。

私は最初に基礎を習った先生がドイツで勉強された方だったので、もともとはドイツ語的な発音をしていました。子音が強く、終わりには「N」の発音が入って‥。あとは口腔の比較的の奥の方を使う感じなど。大学で声楽の授業があり、ドイツ歌曲を歌った時に、フルートでやっていることと同じだ!と、その頃は嬉しく思ったのですが‥。

ケノンのモイーズモデルと呼ばれる楽器を使うようになってから、想定されている奏法と自分の奏法にズレがあることを感じました。そこが上手くリンクしないとこの楽器の本領を発揮できないので、ひとつひとつ検証してみたのですが、なかなか解決できなかったのが発音の問題。フランス語的な口の使い方をすれば上手くいきそうだなぁ‥とは感じていたのですが、なかなかそこを掘り下げることができず‥。

ですが、先日、コルというフランス式のホルンを吹いていらっしゃる方がお越しくださり、本場でレッスンを受けていらっしゃった経験や語学に関する豊富な知識から色々とお話いただいて、たくさんのヒントをいただきました!

そして、フランスに関係することだけではなく、関西弁の発音が奏法に影響しているのではないかという私の密かな悩みにも、言語学的な解説と、同じようになっていた人の例を教えてくださったので、本当に助かりました。関西弁は嫌いではないのですが、クラシックを演奏する時には、少し邪魔になることがあるように私は感じています‥。

今は奏法の面でもグローバル化が進み、それが楽器にも反映されているので、現代の楽器を持てばこういうことはあまり感じないのかも知れません。でも、そういう時代だからこそでしょうか、私は、特徴的なサウンドを面白いと感じたり、絶滅危惧種のような楽器の響きを美しく感じたりすることが多いので、それらをこれからも研究していきたいと思います!

貴重なお話をたくさん聞かせて下さったコル奏者さん、本当にありがとうございました!


中川敬さんライブ

2017.06.29 update

7月4日(火)に想苑さんにて、中川敬さんのライブがあります。とても楽しみにする中で、色々な思いが溢れてきて、ちょっと書いておきたいな、と思ったので、長くなりそうですが、よろしければお付き合い下さい。

私が「満月の夕」という曲に出会ったのは、東日本大震災のあと。たくさんのミュージシャンがこの曲を歌うのを聴いて、作ったのはどんな人だろう、と調べ、阪神大震災の時に生まれた曲だということを知りました。私は、兵庫県の出身で、実家などには被害はなかったけれど、あの揺れを経験したひとりとして、より詳しく知りたくて、ソウルフラワーユニオンの本を買いました。

ロックミュージシャンが、エレキギターを三線に持ち替え、ドラムはチンドン太鼓やチャンゴに、電気が通っていない時は、マイクの代わりにメガホンや拡声器を持って。そして、音楽は、お年寄りの方のために、戦前戦後の流行り歌や民謡を‥。

私は東日本大震災のあと、何も言えず、何もできずにいました。音楽で何かをしたい、なんていうのは、とてもおこがましいことではないかと、ずっと自問自答していました。

そんな中で、ソウルフラワーユニオンの活動を知り、自分の中での答えを見つけることができました。

この映像を見る時、ここにいらっしゃる方々とこの曲が、一緒に歩んで来た道のりを思わずにはいられません。

私は満月の夕の中の、「解き放て、命で笑え」という歌詞にとても共感します。

突然の災害で、家を失った人、大切な人を失った人‥
その悲しみが消えることはないかも知れないけれど、この歌の一瞬でも、それを解き放って、命で笑う、とても力強い歌詞だと思います。

今では、たくさんのミュージシャンがカバーしていますが、私はやっぱり中川さんの歌が好きです。

きっと今度の函館公演でも歌ってくれるはず。生で聴いたら絶対に泣いてしまうと思うので、ハンカチを忘れずに持って行きます!


旧イギリス領事館のバラ(2017)

2017.06.21 update

函館に引っ越してきてから1年が過ぎ、今年もこの季節がやってきました!

旧イギリス領事館のバラ。

カメラを持って近づくと、とってもいい香り♡

まだつぼみもたくさんあったので、これからしばらく楽しませてもらえそうです。

また行きます!


フランスの古いフルートとピアノのこと。

2017.06.19 update

私がフランスの古いフルートに出会ったのは、10年以上前。ほんの少し、古楽の世界に足を踏み入れた時でした。トーマ・ロット作(?)というトラベルソを持っている方がいらっしゃって、そこからロット吹きの方々と知り合いました。

そしていろいろな楽器を吹く中で、Maillechort(洋銀)の響き、柔軟性がとても好きになり、現在はCouesnonのModel-Monopole(モイーズモデル)を使用しています。この楽器のことは長くなりますので、また別の機会にでも。

オールドを吹くようになって感じたのが、ピアノとの相性。素晴らしいピアニストさんは、こちらのことを理解した上でバランスを取って下さいますが、やはり、現代のSteinwayとはちょっと合わないなぁ‥と。そこから、私のピアノ探究が始まりました。

フランスのフルートの響きが好きな私は、やっぱりピアノもフランスが好き。そして、いろいろな録音を聴く中でいちばん気に入ったのがErardでした。

そして、Erardをロシアのピアニストさんが弾いているものが特に好き。
(お気に入りのCDがこちら↓)

Erardとロシア奏法の相性のよさの秘密が気になった私は、こんな本を買って自分もやってみることに。

そこで、目から鱗だったのが、こども用の初歩テキストで、「ピアノから音色を引き出す」ということを徹底しているところ。

私たちが受けた一般的な教育では、まず手はこんなかたちで、卵を入れましょう、とか、フォームが先だったように思います。一方、ロシアの教育では、注意深く聴くということと、柔軟性をとても大切にしていて‥。

私自身、レッスンをしていてよく感じたのが、みなさん「型」を知りたがっているということ。「こうするのが正解です」と言われたがっているということ。

「こうあるべき」が勝ってしまい、「こうしたい」がなかなか出て来ないのが残念でした。その「こうしたい」を見つけるには、自分の演奏も、誰かの演奏も、自分の耳でしっかり聴いて判断できる、ということがとても大事だと思います。

ロシアのピアニストさんの圧倒的な世界感は民族性とも言えると思いますが、このスタートの違いも影響している気がします。

そして、私も、「楽器から音色を引き出す」という意識でフルートを吹いてみると、これまでとは違った世界が広がりました。今まで、いかに、「吹き込もう!」という意識が強かったのか‥少し反省しました^^;

一方通行の力技で押さえ込むのではなく、楽器の声に耳を傾けると、いろいろなことが見えてきます。

みなさんもぜひ試してみてください^^

最後に私の大好きな映像を♡