「オレのミニチュアにはならなくていい!」

2018.05.24 update

学生時代に、師匠が私に下さった言葉です。
私が、何をやりたいのか、どう感じているのか、をいつも大切にしてくれる師匠に出会うことができ、本当にありがたく思います。

ただ、レッスンでは、「やりたいようにやってみろ!」と言われたのでやりたいようにやったら、厳しい指摘を山のように受けていた私です、、(笑)

その人がやりたいこと、その人らしさ、そういったものを大切にしたいけれど、それらが美しく表現されるためには様々な技術も必要。

先日、この記事(LessonよりListen!!)を書いてから、問い合わせをいくつかいただきました。不定期のレッスンをご希望の方が思った以上にいらっしゃったようです。

もちろん大歓迎!!なのですが、どんな方向を目指すにしても、アルテスなど、基本的な教本は、少しずつでも継続していただきたいな、と思っています。(あなたには必要ないよ!というレベルの人がいたら、やらなくてもいいのですが、レッスン業を始めて15年以上、未だに一人も出会ったことがありません、、笑)

自分の耳で聴き、自分の頭で考える。それぞれの感性を大切にする。

それは私が師匠から教わったことです。

でも、それと同時に、美しい音楽のためには、どれほど、地道で職人的な作業が必要か、ということも教わりました。

先日の記事では、この後者の部分が伝わっていなかったかなぁ、、と感じたので付け足したいと思います。

私はこの街に引っ越して来てまだ2年、、。友人知人も少ない中で、ブログは意外といろんな方が読んで下さっていることを知り、嬉しいです。

これからも、気まぐれに(笑)更新していきますので、よろしければお付き合いください!