トーマ・ロットのトラヴェルソ

2019.09.11 update

 私がトラヴェルソを吹くようになってからもう随分と経ちましたが、実はずーっと、業界内では「蛍光灯」なんていうあだ名のつけられているアウロスの楽器を使っていました。かわいそうな名前となってしまっていますが、なかなかよくできた楽器です。(正式にはAF-3ステインズビージュニアモデルです、笑)

 けれど、以前、バロックオーボエを持って遊びに来て下さった方と合奏をして、私もそろそろちゃんとした木のトラヴェルソが欲しい!という思いが募っていたところにとても素敵な出会いがあり、私の元に、トーマ・ロットの復元トラヴェルソがやって来ました。(A=392&A=415)

 選ぶ段階でロッテンブルグモデルなど一般的なものも吹かせていただいたのですが、やはり私はトーマ・ロット。これまで吹いてきたフランスのオールドフルートのご先祖様であることを思い起こさせる優雅で軽やかな響きが気に入り迷うことなく決めました。そして、最近ずっとフルートで研究していた、古いフランスの楽器に適した発音、口腔のコンディションがそのまま生きることにも感動しています。

 フランスのピアノ奏法にはクラヴザンからの伝統があると耳にしたことがありますが、やはりフルートも、オトテールの頃から脈々と続いてきたものがあるのだということを、こうやって楽器を手にして、音を出して、実感することができました。

 私がフランスのオールドフルートに興味を持って最初に手にしたのはルイ・ロットだったのですが、その頃に買ったこちらの本を改めて読み返しています。当時はベーム以降に夢中だったのでトラベルソの時代にはあまりしっかり目を通していませんでしたが、今見るととても興味深いです。

 その後、フランスの洋銀に魅力を感じ、モイーズモデルに行き着いたのですが、そのコンセプトには共感しながらもずっとうまく扱えなかったCouesnon Model-Monopole。その問題解決の糸口もこのトーマ・ロットがもたらしてくれました。フランスの長い長いフルートの歴史に触れることで、色々なことが見えてきて、より深く、その美しさに触れることができうれしい今日この頃です。